スポンサーサイト

  • 2012.03.07 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


レッスン行ってきた。

 ・





レッスン行ってきた。







ああああああああ あ゛













「こころで数えるのっ!こころでッ!」





ユリザベス 「その足!うるさいっ!」の回。のつづき。の追記。




F6-1






春秋
バッハ:フランス組曲6 アルマンド初診。

ユリザベス 「その足!うるさいっ!」

「こころで数えるのっ!こころでッ!」




自分 「1小節めの 一拍めが イチにならないんす〜(>_<)  
   ♪|♪♪♪♪
ユリザベス 「そう。そう。」




自分 「あれ?バレマへンカ?(・_・?) イチになってないんけど・・・」
   ♪|♪♪♪♪
ユリザベス 「うーん。2小節めの一拍目はイチになってる?」




自分 「あ。・・・♪♪♪♪ ♪♪♪♪ なってマス」
ユリザベス 「んー。あー。じゃあ いいよ。それで。」







センセの「んー。あー。」の真意はわからんけど…。

こころで数えれへんょ。この曲。

今の遅い弾き方だと 1234の日本語に ウマクのせられない。

1とお2とお3とお4とお〜 になら はまるけど…。「とお」はキライ…(-。 -; )





他の曲でも、イチが数えられない事がけっこーある。

「にぃ234」ならOKでも 「いち234」が言えなかったり、

「1234 5678」ならOKでも 「1234 1234」がダメだったり。(>_<) 




「イチとお」さえ使えれば かなり解決するとは思うんだけど… イヤ!イヤ!イヤ!

ド♯を「ど」と言わなきゃいけない位 イヤ!イヤ!イヤ!





前は「そんなイヤなことするくらいだったら ピアノやめる(ノ_・。)」って思ってた。

でも今はちがう。





イイコト思いついたんだ。d(-_☆)





外国ジンになる。






ワルツとかも「12サン」だとうまく行かなくても 

トロワァ〜だと回れたりするのと一緒のカンジで。

何とかなりそうな気がするんだ。

外国語で「とお」は何て言うのかな?知りたいな。




足 で 音 を 立 て な い よ う に す る か ら ぁ 〜 









「その足!ウルサいっ!」の回




その次のレッスン ユリザベス 「その足!うるさいっ!」の回。








ぜんおん
ハノン24: ユリザベス 


     
最近やっと、やっと。

最初の1小節が満足に動かないのに
先の小節にあせって進んでも…あんまし意味が???ねぇー???ってのが、
わかっちゃいるけど、
かなりのムダになりそうと知っていながら つい、先をやっちゃって。

自分だけの気休め?かも〜なんだけどやめられない…。
ハノンで譜読訓練してどうすんだよっ!

みたいなのが なくなってきた。(・・。)ゞ




今回 24番だから ここまでくるのに約2年もかかったー。プシュー







音友
ロマン系:シューマン見知らぬ〜2回目=暗譜。


前日の一夜漬けで…。暗譜間に合わなかったことにしよう。と思ってたけど…。

ユリザベス 「暗譜してきた?」

と訊かれて、「ハイ」って言っちゃった。

やっぱセンセに嘘はつけないねェ〜。

音1つ間違えて覚えてて、次もう一回チャレンジになった。

中途半端なまま終わらしたくなかったので ホッとした。


協議の結果、次は「炉辺で」を見ていく。




                           つ づ く








いぬのきもち




「今日はこれだけ?」の回:追記

ぜんおん
ハノン23:あっさりOK
音友
ロマン系:シューマンみしらぬ国〜譜読み初期状態で早めの受診。次までに暗譜。
春秋
バッハ:フランス組曲5ジーク暗譜。いちおう終了。これ4回くらい診てもらったかも?


春秋
フランス組曲5 COURANTE 初診。

5-2




自分 「そっそ〜♪」



先生 ユリザベス「そっそ〜♪じゃないでしょっ!そそー!」   

   「2本でしょ!2ほんっ!」


自分 「あ〜(・。・) ニホンだ。。。。。」
  
    ↑音符並びの濃淡と音符の隙間の広さでしか譜面を見れてない。ので
     こんなふうに最初の音が離れて1つあると一本(8分)と間違える。(x_x;)

     少し前までは結構ヘイキで部分的に2倍速になったりしてた。
     (拍・小節感も欠如してるんで)(・・。)ゞ
     あ・休符も見てません。すいません。
     ハタの本数を数えて音符を見れるヒトになりたい。    

     ・・・・・・・・・・


自分 「そそー♪」




先生 ユリザベスユリザベスユリザベス3

 「ふギゃぉ〜!アウトタクトなんだからああでこうでここからこうきてこうペラペラ専門用語ペラペラ音楽用語ペラペラなってんだからおかしいとはおもわんの?どうなってんだこいつだいじょぶか?音まねしてないでそれくらい自分で考えて自分で数えるっ!!!」(大意)






先生は普段、言葉を使わず、またはやさしい日常語で教えてくれようとする。

だけど自分が 先生がキレルようなコトをしでかすと、急に熱意が専門用語の嵐になる。

語学的には99%意味不明だけど、内容的には99%わかる気がする。

そしてコトの「重要さ」を熱意のオーラから感じて 記憶に残してるんだ。きっと。

センセ ありがとね〜♪

ガイジンの先生に教わってもOK d(-_☆)。ってカンジでもある。



前に、センセが 「嬰っ!」っと叫んだ時、

脳細胞が嬰を翻訳できてないのに 瞬間的に黒鍵に指が延びている事があった。



たぶん 犬って こんなふうに生きているんだなぁ。。。。 (・。・) ぼ〜 。。。。






レッスン速報!





もう、眠ります。

が・・・寝言で吹きそうなので、放出。






レッスン速報!本日のひとこと。











先生 ユリザベス



 
「そ ・ の ・ 足 、ウ ル さ い  !」 
  ん ー  も ぅ 









自分  ヽ(゚◇゚ )ノ




・・・・・・・・




り ・ り ・ ・ ・ り ず む ・ ・ ・ ・ と っ て    み ま シ タ ・ ・ ・ 。 (・・。)ゞ 









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
    
selected entries
categories
archives
comment arigato
recent trackback
itumo yonde masu
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM